東のラスベガス!?ニュージャージー・アトランティックシティ子連れ一泊旅行/ボードウォークやカジノホテルを探索!

アトランティックシティ、アイキャッチ お出かけ
記事内に広告が含まれています。
広告

みなさん、こんにちは。

アメリカ・ニュージャージー(NJ)州で、2度目の駐妻ライフを送っているHatsy(はっちぃ)です。

👉こちらで自己紹介とサイトの使い方の説明をさせていただいてます。もしよろしければご覧ください。

今回は、東のラスベガスと呼ばれるニュージャージー州のアトランティックシティに、子連れで一泊旅行してきた旅行記です。

  • ボードウォークを歩いてみた様子
  • カジノホテル「トロピカーナ・アトランティックシティ(Tropicana Atlantic City)」の内部の様子
  • 同ホテル内のおすすめレストランとメニューをご紹介

など、盛りだくさんの記事となっています。ぜひ最後までご覧ください。

広告

アトランティックシティってどういうところ?

お城みたいなカジノホテルもあります!

アトランティックシティは、ニュージャージー州の南東にあるアトランティック郡に位置します。バーゲン郡からは、車で約2時間半です。

巨大なカジノホテルが立ち並び、海岸沿いのボードウォークも有名です。カジノはアメリカ東海岸で最大規模で、「東のラスベガスと呼ばれています。

アトランティックシティを含む、NJの東海岸、北はPerth Amboyから南は Cape May Pointまでは、ジャージー・ショアと呼ばれ、夏はたくさんの観光客が訪れ、ビーチやボードウォークなどは毎年大混雑します。(今回は秋に訪れたので閑散としていましたが…。)

今回は、サンクスギビングデーの連休に、アトランティックシティに子連れで一泊旅行に行ってきた時のことをご紹介します!

ちなみに、ボードゲーム、「モノポリー」のスタンダード版に出てくるマスの通りや鉄道の名称のほとんどは、アトランティックシティに存在する、あるいはかつて存在したもののようです。(Wikipedia参照)

途中、アズベリーパークに寄りました。

ボードウォークとコンベンションホール

ニュージャージー州北東のバーゲン郡を出発し、2時間弱で、同じくボードウォークで有名なアズベリーパークに着きました。

オフシーズンで、しかも平日の午前中だったので、ボードウォークやビーチには人がほとんどおらず、貸切状態w。お店も半分ほどしかオープンしていませんでした。

そんな中でも、服屋や雑貨屋は結構レベルが高くて可愛かったです。NJグッズや、アズベリーパークオリジナルのグッズもありました。

「にやり」のグッズもあります。
この白のパーカ、可愛かった~

👉アズベリーパークについては、こちらの記事をご覧ください。

ただいま、作成中です。

広告

いざ、アトランティックシティへ。

アズベリーパークから約1時間半で、ようやくアトランティックシティへ入りました。遠目からも、海岸沿いに並んだ巨大なホテルが見えて、ワクワクしてきます。

今回泊まるホテル「トロピカーナ・アトランティックシティ(Tropicana Atlantic City)で車を停め、徒歩でボードウォークへ向かいました。

ボードウォークを歩く。

人がまばらすぎるボードウォーク

ホテルを出て、ボードウォークを北へ歩きました。

オフシーズンだからか、ボードウォーク上のお店は、観光地によくあるマグネットやパーカーを扱うお土産屋しか開いてませんでした。

浮浪者もちょくちょく見かけたので、夜は出歩かない方が良いなと思いました。

いかにもなお土産屋さん

トロピカーナから北へ歩くと、世界最大のパイプオルガンがあるコンベンションセンターJim Whelan Boardwalk Hall」があります。ここは、いろんなスポーツイベントやミスアメリカが行われているようです。ロビーには展示物があり、そこは無料で入れます。

パイプオルガンを見学できる時間は時期によって異なるので、事前に調べていきましょう。

巨大なホール
ロビーの展示物。海のデザインのドレス。

ホールから少し歩くと、ジャングルをイメージしたレストランRainforest Cafe」があります。小さいお子さん連れにはおすすめです。

Rainforest Cafe

その隣には、お城みたいなカジノホテルBally’s Atlantic City Hotel & Casino」があります。これぞ、カジノホテルという感じの外観のホテルで、一見の価値ありです。

お城なカジノホテル「Bally’s」

向かいには、ショッピングモールThe Playground」があります。海側には結婚式を行える場所もあるようですが、ほとんどのお店は閉まっていたので、ひと気がなく安全ではない雰囲気だったので、奥までは行きませんでした。

ボードウォーク側に、カラフルなお菓子屋さんIt’s Sugar」があります。

The Playground
ド派手なお菓子屋さん「It’s Sugar」

その先には、崩れたような建物が印象的なRipley’s  Believe It or Not!」がありました。※2022年12月末で閉館。

Ripley’s Believe It or Not!
広告

広いビーチもあります。

ボードウォークの隣には、広いビーチもあります。オフシーズンでしたが、子供たちは砂遊びしていました。大人には寒かった…。

ビーチから見る、巨大なカジノホテルが連なった様子も圧巻です。

カジノホテル「トロピカーナ・アトランティックシティ(Tropicana Atlantic City)」を探検

Tropicana Atlantic City

今回宿泊した、「トロピカーナ・アトランティックシティ」は、カジノ、レストラン、ショップなどが入った巨大なカジノホテルです。

寂れたボードウォークからホテルに入ったとたん、煌びやかさに目を奪われました。ホテルの中には、人もたくさんいました。

ホテルだけを見れば、ほかのエリアにこの規模のカジノホテルはなかなかないと思うので、「東のラスベガス」と呼べるのかもしれないなと思いました。

ホリデーショー

通路には、ホリデーのデコレーションが!

私が訪れたのは、サンクスギビングデーウィークだったので、ホテルの通路ではホリデーのショーがありました。アナ雪の「Let it go」がかかり、光のショー始まり、雪も降ってきました

他にも、いろんなホリデーの飾りつけやオブジェがあり、見て歩くのもしかったです。

スノーマンと。
広告

レストランやショップ

ド派手なアメ車?と記念撮影。

夕食は、キューバ料理「CUBA LIBRE」で。店内は広く、天井も高くて開放感がありました。

料理は、お馴染みのエンパナーダ、パエリヤ、チキンウィング、エビのカクテルなどを注文しました。モヒートの種類が多くて、選ぶのが楽しかったです。

2021年11月時点で、モヒートが12ドル、エビのカクテルが16ドル、子供たちのキッズメニューが14ドルくらいだったので、カジノホテルにしてはリーゾナブルな方だと思います。

ちなみに、付け合わせのパンがめっちゃ美味しかった覚えがあります。

天井が高く、開放感抜群!
下の左から、エンパナーダ、パエリヤ、エビのカクテル(このバナナチップス、でかかった笑)、右上がチキンウィング
料理のメニュー(2021年)
ドリンクのメニュー。モヒートの種類が多かったです。(2021年)

ショップもたくさんありましたよ。

👉カジノホテル内の様子は、YouTubeもご覧ください。

カジノ

カジノエリアと通路の間に柵はありません。

今回は子連れだったので、我が家はカジノはしませんでしたが、カジノエリアには柵などもないので、カジノの様子を見ることはできました

ただ、子供はこの線からは入ってはいけないという決まりがあり、そこに子供が入ってこないかスタッフが見回っていて、結構厳しめでした。

プール

トロピカーナアトランティックシティのプール
プールからは海が見えます。

海を望めるプールがあります。この時は予約制でした。

広告

まとめ

今回は、東のラスベガスと呼ばれるニュージャージー州のアトランティックシティに、子連れで一泊旅行してきた旅行記について、

  • ボードウォークを歩いてみた様子
  • カジノホテル「トロピカーナ・アトランティックシティ(Tropicana Atlantic City)」の内部の様子
  • 同ホテル内のおすすめレストランとメニューをご紹介

をまとめました。

今回私は、アトランティックシティへ行く前に、友達から「廃れ具合が半端ないよ!」と聞いていたので、かなりハードルを下げて行ったのですが、結果的に案外楽しめました。オフシーズンに行きましたが、人の少なさと宿泊料の安さでは、結構良いかもと思いました。

もちろんラスベガスに比べたら雲泥の差なので、「東のラスベガス」と呼ぶのはおこがましいとは思いましたが、豪華なカジノホテルの感じを味わうには十分です!

人が少ないと廃れ具合が際立つので、賑わっているボードウォークやビーチを満喫したいという方は、やはり夏に出かけてみることをおすすめします!

みなさんも、ぜひアトランティックシティへ出かけてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、アトランティックシティの近くにある、インパクト大の「象のルーシー」に寄るのもおすすめです。

👉YouTubeもぜひご覧ください。ボードウォークの寂れ具合、豪華なカジノホテル内部の様子が分かります。

👉ほかのお出かけスポットや旅行先を知りたい方は、こちら

➀以下のSNSでも情報発信しています。ぜひ、フォローをお願いします。

Instagram 毎日お得情報やイベント情報を発信しています。

Threads 日頃のつぶやき、英語日記などを綴っています。

Youtube 旅行の動画をアップしています。

➁当サイトはリンクフリーです。これ良いなと思う記事がありましたら、どんどんシェアしていただければと思います。(引用元「ニュージャージー駐妻LIFE」の明記をしていただければ、事前のご連絡は不要です。)

タイトルとURLをコピーしました